セフレにできる女性の特徴

彼女や嫁にバレない浮気や不倫の方法

投稿日:2018年10月28日 更新日:

彼女や嫁にバレない浮気や不倫の方法
 

当サイトでは「セフレの作り方」を解説していますが、閲覧頂いている方の中には、彼女がいたり既婚の男性も多いかと思います。

そんな男性諸氏にとって、セフレの作り方と同じくらい重要なのが…
「浮気や不倫がバレない方法」です。

浮気や不倫がバレて生活を壊すのは嫌。
慰謝料とか絶対…イヤだ!

遊びは遊びとして楽しみたいですよね。
そこで、浮気や不倫がバレないための有効なテクニックを解説していきます。

色々な手段がありますが、生活環境によってできる範囲に違いもあると思います。

なので、使える内容だけを参考にして頂ければOK。
実践可能な手段が1つでもあれば幸いです。

それぞれの「浮気がバレるパターン」と「回避策」で見ていきましょう。

 


 

アリバイと自分の行動パターンでバレる

アリバイと自分の行動パターンでバレる

セフレのできる前とできた後。
どこかでセフレとセックスしているので、当然できる前と行動が変わってきます。

女性が浮気や不倫を怪しみ出すのは、まずこの行動パターンの差。
「女の勘」で察知される部分ですね。

この回避方法は2つあります。
「いかに以前の行動と変えないか」
「怪しまれずに時間を確保するか」
 

いかに以前の行動と変えないか

例えば、出会い系でセフレを探す過程や女性とメッセージ交換をしていると、スマホをチェックする時間が頻繁になります。

急にそんな行動をしだすと怪しいので、事前にスマホを触る時間を増やしておくがいいですね。

理由は「面白いスマホゲームにハマった」などでいいでしょう。

これならいつ初めても理由になります。
実際に何か無料のスマホゲームでも入れて家でプレイしておくとなお良し。

また、彼女や嫁もたまにはセックスに誘いましょう。
断られてもOKなんです。

要は「よそでセックスしてないから溜まってるぞアピール」です。

もし風俗が容認されているなら、「接待や付き合いで風俗に行ってる」でもいいですね。
セフレができる前後で差が生まれないように、理由付きでカモフラージュしましょう。

理由のない誤魔化しはすぐバレてしまいますよ。
 

怪しまれない時間の作り方

仕事帰りなどでセフレと会ってセックスしていると、どうしても帰りが遅くなってしまいます。
2時間~3時間は絶対使うわけですからね。

アリバイは絶対に発生する問題です。

理由を聞かれても「今仕事が忙しいから」で終わらせている人も多いのでは。

仕事は理由にしやすいのですが、結局中身がハッキリしないので完全に納得はできないんです。
ずっと使い続けるのも無理がありますしね。

個人的に一番使えると感じるアリバイは、「スーパー銭湯やビジホなどのサウナに通ってる」です。

ホテルでセフレとセックスする場合、大体の人はシャワーかお風呂に入ります。

そうなると不自然にサッパリとして帰宅するので、「お風呂に入る場所に行ってる」というのはかなりいい理由になります。
(実際は違う汗を流しているわけですが)

通う理由は「運動不足で汗だけでもかきたい」「仕事先で勧められてハマった」が自然です。
時間的にも2~3時間くらいになるのでピッタリ。
食事をしてきてもおかしくありません。

一応、追及されたり聞かれた時のため、たまに実際に行っておけば盤石ですね。
アリバイだけでもいいという人なら「ネットカフェ」などでもOKかと思います。

 

連絡方法でセフレがバレる

連絡方法でセフレがバレる

最近はスマホで色々できちゃうので、セフレとの連絡には必須のツール。

でも便利な反面、スマホを見られた時には一発でバレる事が多いわけです。

特にバレるきっかけとしては、連絡を取るためのツール。
ラインやメール、通話履歴などになります。

つまり、彼女や嫁がチェックする「連絡系ツール」をガードできればいいわけです。

一般的な嫁バレ対応策は以下の通り。

  • 不意にチェックされた時のためにスマホはロックしておく
  • 通話履歴は話し終わった時点で消す
  • メールやラインの履歴も消す
  • 電話帳やラインの名前登録は仕事関係の相手などぽい名前にしておく

基本的に会話履歴は消去。
名前は無関係そうな内容に変更ということですね。

仕事用などで別のスマホを持っている人、サブ携帯を持っている人は、こっそり2台で使い分けてもいいかと思います。
「落とした時用にロック必須と言われている」なら見られる心配も少ないでしょう。
 

あえてスマホを見せてしまう!

どちらかと言うとバレそうになってしまった場合。
上記の手段と違う、個人的にオススメしたいのは「あえてスマホを見せてしまう」という方法。

なんでもそうですが、隠して見れない状態だと余計怪しんでしまいますよね。
確認できないからこそ疑惑を深めます。

しかも「怪しい」と感じだすと、色々な詮索をされてそこからバレてしまうことも…

もちろんそのまま見せたら全部バレます。そんな事はしません。
バレないよう「それなりの対応をした上で見せる」ということです。

以下がスマホを見せてもOKにする対応策です。

  • やり取りはgoogleメールなどのフリーメールにする
  • ラインは使わない。使っても別の通話アプリなど
  • 通話履歴は消す
  • メールや出会い系アプリ、通話アプリなどのログインパスワードは記憶させない
  • ブラウザの出会い系サイトやメールは違う名前でお気に入りしておく
  • アプリはフェイクでいくつか違うものも入れておく
  • パスワードは推測されにくいものにする

若干、連絡方法が特殊になりますが、ライン以外のメッセージにすることで「うっかり間違い送信」を防ぐ意味もあります。

ハメを外してセフレと遊びすぎて「怪しまれてるかも…」と感じた時だけでもOK。
1度スマホを見せて疑惑を晴らしておけば、後はスマホをロックしておくだけで済みます。

お気に入りのセフレができたら手放したくないので…連絡先は必ずガードしておきたいですよね。

怪しまれるタイミングはいつ来るかわかりません!
手段を知っているだけでも違うと思います。

スマホはお手軽にチェックされやすいので気を付けましょう。

 

周囲の人からバレる

周囲の人からバレる

嫁や彼女の行動範囲を把握していても、近所の人や周囲の人からのタレコミでバレることがあります。

でも、それを全て把握するのは無理な話。
結局は自分で疑われないためのガードをするしかありません。

つまり「もし目撃されても言い逃れできる状況にしておく」ということです。

例えば、目撃されやすい場所で手をつながない、キスをしないなど。
他人から見ても決定的な浮気ですからね。

また、自分の会社や知人にもセフレや浮気の事は伏せておきましょう。
思わぬところでバレる可能性が出てきます。

もちろんネット上で、セフレと行った場所のFBやインスタ投稿などは、いくら映えても厳禁ですよ。
顔は写さなくてもスマホに画像が残ります。

セフレとの待ち合わせは、住宅地の駅前などの不自然な場所より、繁華街などの人混みに紛れる待ち合わせスポットがいいです。

もし「女性と2人のところ近所の人が見たんだけど?」と言われても「いや他の人もいたよ?」と言えます。
近所の人が会社の他の人を知るわけがないですからね。

ここで、個人的なオススメの待ち合わせ場所が2つあります。
 

ビジネス街の駅前やカフェなど

ビジネス街だと、嫁にバラしそうな近所の人はまずいません。
上記で述べた「仕事の相手」と言っても逃げやすいですよね。

ビジネス街はカフェも多いので、店内で待ち合わせてもいいかと思います。
余程の有名店でもない限り鉢合わせる事も無いでしょう。

もしラブホまでの移動が気になる場合も、タクシーがつかまえやすいですよ。
場所だけで言えば、かなりバレにくい待ち合わせと言えます。
 

ホテルのロビー

こちらはラブホではなく普通のホテルですね。
駅前や待ち合わせスポットなどと違って限られた空間になり、目撃もかなりされにくいです。

もし人の目が気になる場合も、セフレと別々に行動しやすいですし、そのまま部屋を取って移動もできます。

部屋番号だけ連絡して来てもらったり、別々に帰ることも可能と、使い勝手もいいですよ。
 
 
どちらも実用的なので、住んでいる環境に応じて使ってみてください。

ちなみに、地方などでこれといったビジネス街が無い場合。

怪しまれない程度でラブホに近い貸駐車場や店舗などの駐車場にお互いの車を停めます。
それから片方の車でラブホに移動する…という手段もあります。
帰りは逆の手順を踏むだけですね。

 

セフレ相手の女性からバレる

セフレ相手の女性からバレる

自分の浮気バレ対策が確実でも、相手の女性からバラされたり、人妻セフレだと相手の家庭にバレるのもダメですよね。

どちらもバレるキッカケとしては少数ですが、一応頭に置いておく必要はあります。
 

押しかけてくるセフレ対策

家に乗り込んでくるような性格の「思い込みの激しいセックスフレンドかどうか」は、念のため見極めておきましょう。

結婚を意識させたり本気にさせるような言動も、普段から避けておきます。
また、自分の勤めている会社や家の住所を教えるのも、できるだけやめておいた方がいいです。

しかしウソで固めるのも、不意にバレた時に信用をなくすので…
「~系の会社」「~あたりに住んでいる」と曖昧に留めておくのもいいですよ。

まぁこれは予防策ですね。
 

人妻の家庭にバレないための対策

基本的には、当記事に書いてあるようなことを女性側にも教えておくのがいいですね。
女性にも有効です。

特にスマホ関係は相手の旦那にも見られる可能性が高いので、googleメールなどでのやり取りにするとお互いに決めておきましょう。

特に既婚女性、人妻は「主婦」としての家庭内の立場があります。

  • 人妻が都合のいい時間帯だけにやり取りを絞る
  • 実際に会うタイミングや場所も配慮する
  • 無理に引き止めない
  • アザや跡などつけないセックスにする
  • コンドームは必須
  • 人妻の家に行かない。自分の家にも呼ばない

キッチリ配慮してあげる事で、「都合よく会えるセフレ」「自分のことを考えてくれるセフレ」と評価も上がり、セフレ関係も継続しやすくなりますよ。

 

浮気が最悪バレてしまった場合!

浮気が最悪バレてしまった場合!

これは上記の「浮気がバレないための対策」を実践してもバレてしまった場合。

当然、可能性は0ではないはずです。

万が一やうっかりもありえます。
浮気や不倫を隠す手段は当然ですが、バレてしまった時の対応策も知っておきましょう。
 

誤魔化せる範囲の時

うまく辻つまを合わせられて誤魔化せる範囲なら「認めない」のが一番です。

浮気を怪しむくらいの話は、どんな女性でも多かれ少なかれあるもの。

「(根拠は無いけど)不倫してないよね?」程度なら動揺すると余計に怪しまれるので、シレッと否定するのがいいかと思います。

例えば、セフレの香水の匂いがついて問い詰められた場合。
「会社の人と付き合いでスナックやキャバクラに行ってきた。」で誤魔化せます。

他の行動面や目撃情報が理由なら、これまで紹介した内容でOKです。
 

完全に誤魔化せない場合

不倫浮気が完全に避けようのない場合。
例えば、偶然セフレと一緒のところを見られたなどの現行犯です。

女性がかなり感情的にキレる最悪の瞬間…
その場合は誤魔化しや言い訳は厳禁。

とにかく必死にひたすら謝りましょう。
謝罪、謝罪、謝罪です。

バレて浮気の理由を求められた場合は、「一時の気の迷い」「嫁が相手してくれないから寂しくて」などを挙げるのがベスト。

女性の性格にもよりますが、「浮気・不倫されたこと」よりも「女性として傷ついたこと」「ウソをつかれていたこと」で怒るパターンの方が多いんじゃないかな?と個人的には思います。

つまり「1番は嫁(彼女)だけど、~だから浮気してしまった。」ということで、女性のプライドを軽傷で済ませられます。

そもそもの浮気の原因を「自分の浮気心」ではなく、「環境や状況」などの他に移すという意味でも有効ですね。

また、バレたら「セフレ」ではなく「浮気相手」にしておくと良いです。
浮気や不倫は罪でも、模範囚なら刑期は短くなりますよ。

 

色々なバレないための手段を挙げましたが、環境には個人差があるので、不安に感じるものだけ実践してもOKです。

セフレはセックスだけの関係なので、あくまで目的は性欲の発散です。
セックスはバレる憂いなくヤリたいですよね。

少し面倒と感じても安全第一。
彼女や嫁にバレない、安心できる環境で気持ちよくセフレとの関係を築きましょう。


 

 

-セフレにできる女性の特徴

Copyright© セフレの作り方ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.